About Chatter Rings

Chatter Rings are skill toy

Chatter Rings

How to Maintenance,Tune and more

How to make best sports type Chatter Rings

History of the Rings


Chatter Rings

-Active-

AMRES ENTERPRISE CO., LTD.(SPEED RING)(Taiwan)

Chatter Ring Pro Shop MARUYOSHI (Japan)

Fascinations(GYRO RING)(U.S.A.)

Hakuhinkan/博品館(RASEN 螺旋)(Japan)

Island Edge(JITTER RING group)(New Zealand)(Hawaii)

Jittermax(New Zealand)

Sling True(SLING RING)(U.S.A.)

http://nzbackyard.co.nz/(New Zealand)

陀螺環 旋風霹靂環(Taiwan)

-Not Active-

Another Chatter Rings

BANDAI CO.,LTD

CHATTAR RING COMPANY

ISLAND EDGE INC.(Islandedge inc.The current Islandedge inc. is not the same. )

Jittermax

Lonely Dog International Ltd

Street Value Toys & Games


<How to buy Chatter Rings in the shop>

When buy the Chatter Ring in the Shop,Check the welding finish the stainless ring and beads.

When buy the Chatter Ring in online shop,ask about the welding finish the stainless ring and beads.

Do not buy too much denting welding finish ring.

Too much denting ring is defective product,Call to manufacturer and ask to exchange the ring.


<How to Maintenance,Tune and more>

<CLEANING>

Be sure to keep Ring clean with some mile soap&water

or,clean with wet tissue or towel

Cleaning main ring and beads of inside and dirty hands

Dirty Chatte Ring is slow Chatter Ring.

Cleaning play after.


<HOW TO TUNE>

If your ring's beads to be no grip.

Try, around the ring rub by sandpaper or half round needle file

make little scrapes.

Need keep a good balance between ring and beads

NOT! Too many scrapes.

Slick Ring:Beads are fast and no grip.

Rough Ring:Beads are slow and get a grip

JCRA recommend tune by sandpaper and file

Hard tune by file for the new ring,quickly shakedown

HARD TUNE(for brand-new) : Needle file,Sandpaper #120-#400

NORMAL TUNE :Sandpaper #600-#800

MAT TUNE(for shakedowned) : Sandpaper#800-#1500

<Break-In /SHAKEDOWN>

Abrasion round beads inside

Need 100-150 hour playing.

<Polish Tune>

Beads rotation are be faster.

Sand paper #400 #600 #1000 and polish.

Left:Polished Center:Sand paper #400 Right:Before

Polishied beads(Mirror polish tune is too much polish)

<Glove>

Thinner and Tighter are best.

<PART OF WELDING.>

When buy the every Rings in the Shop,Check the part of welding.

Do not buy too much denting ring.

Too much denting ring is defective merchandise,call to manufacturer.

Try NOT to drop your ring too often on hard surfaces,

such as concrete or asphalt.

If your ring broken, buy the new ring or weld it again at ironworks.

ADVANCE RING TUNE:Try round part of welding by sand paper.be no gap,but be weak welding.


(Exaggerated image)

<Chatter Ring Welding Rating>

SS:Perfect welding

S:Very good welding

A:Good welding

B:Poor welding

C:Bad welding

<CHOKING HAZARD>

Chatter Ring is Choking Hazard toy

Do not through the neck

<Chatter Ring is annoying>

As not to disturb other people,


Practice items

Juggling Ring,Juggling Ball, and practice Chatter Ring for practice

Chatter Ring is consumable items.will be Break.

Take care your main ring.

Practice items use when play on the hard ground,in your room and for training.



How to make best sports type Chatter Rings

Main Ring:

Use Φ6millimeter stainless steel round bar. Φ6mm round bar is very good feel grip in the hand and good weight feel for playing.

Not use polish round bar.Beads will slip.Mat finish is best.

Outer diameter 245-255millimeter. Many good Chatter Rings are 245mm. I think about 245-250mm good for play childlen..

Need a precision circle.Need strong weld and no dent,no bend,no slide weld finish.

Beads material

Now,Brass is best.

Good specific gravity material,good low cost, good raw color.

I dont know stainless beads Specific gravity is close to the brass.Try it.

Beads inside diameter
11mm inside diameter size is good(Φ6mm main ring).Good for the lathe.I dont know similar size drill.This is drill size problem beads mass production.

Beads high

About 5.5mm.

Many good Chatter Ring's beads high 5 to 6mm

Low beads:Slow beads,Jamming beads.
Good high beads:Good speed beads.No Jamming beads.Good bead rotation angle

Beads outside diameter
19mm (made from 19mm Brass Round Bar)

Shape of beads inside

Rounded shape inside of the beades is best.made by lathe or press.

Trapezoid shape is compromise shape.

Good balance trapezoid shape:Good speed beads,Good feel beads.No jamming beads.

      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

High trapezoid shape::Bad shape.No grip beads.

Low trapezoid shape:Not good shapeSlow beadsJamming beads.

Shape of beads outside

Rounded edge.

example

Beads weight

7.2 to 7.5gram is basic weight for all player.(Trapezoid shape beads inside)


7.7g:Good feel,little heavy.
7.5g:Good feel
7.2g:Good feel
7.0g:Good feel.little light.Easy speed tricks. Weak sense of the weight of the beads in the playing.

(Rounded beads inside,Rounded edge beads outside -0.35g)

Beads plating
Raw is good.

Copper plated:Slow beads.Not good.

Number of beads
5(245-255mm mainring)

Modern chatter ring beads recipe

good beads cutmodel

Best Chatter Ring is necessary good quality and balance of each part.

Please send your prototype model to us.We can test to check performance stats.


CHATTERUNDES

Semi auto ring shakedown machine

Remodel Electric Fan

I use Corrugated paper,Tape,a thick nylon Thread

Left side is beads stopper

Reel thread to around the axis

(One around a thick nylon thread when use fishing)

If bead is fast,use brake by towel

I use electric resistor,for speed control.

How to make Chatterundes

Try at your own risk.


BACK TO HOME



2012.2.13

http://translate.google.com/

<HISTORY OF THE RING>

リングの歴史の書きかけ

「リングの起源」

"Origin of the Ring"

”これ”そのものにはまだ特定の名前がありません。本著では便宜上”リング”とします。

リングの起源・発祥は特定されていません。まっすぐな長い棒にワッシャー状のものが摩擦で引っかかりながら回転しながらゆっくり落ちて行く現象は偶発的にまれにおきます。これを見た人が長い棒をつなげて円にすれば無限に落ちて行くのではないか。と思いつくのは自然なことでしょう。古代や中世以前にもあったのかもしれませんがリングが生まれたのは金属加工製品が規格化された産業革命以後だと思われます。リングは太さの均一で長く滑らかな金属針金・丸棒を作る技術、それを円にしてつなげる技術と正円形のO型の円盤が出来た時代以降の世界各地の工場で生まれ、ひまつぶしや子供のためのおもちゃとして作られたのではないでしょうか。

そしてまた、物理学の分野でもこの物理運動が見逃されていたとは思えません。


日本国内では1999年当時昭和21〜22年生まれの方からこういうおもちゃを子供の頃(昭和30年前半)愛媛県波方町にて遊んだという話を筆者(田窪)が実際に聞き取りしています。またその昭和30年代当時の物と思われる実際のリングもあります。ヤフーオークションの駄菓子屋系出品者から入手しました。

JCRA所蔵リング

雑誌DIME 1998年の7月2日号小学館発行のジターリング特集記事には

「ジターリングは、戦後の日本にも現れた(といっても針金に5円玉やナットを通したもの)とか、」

との記述があります。

1999年頃のレア好きなあなたへというレア情報投稿ホームページ(http://plaza18.mbn.or.jp/%7Ewadanobu/rare2.html)に

<ほたか情報!>旅行中に電車を待っている時、ジターリングをしていたら、87歳のじいさんが話し掛けてきて、遊びはじめた。実は、最近ハヤりだしたジターリングは、80年ぐらい前にすでに日本ではやっていたらしい。

保存ホームページデーターのキャプチャー画像

との投稿記事があります。1999年の80年前は1919年(大正8年)です。この方も当時7歳であったはずで記憶のずれはあると思いますが、少なくとも1920年代にはすでにあったと推測できます。

海外でも1970年代の当時にこのような物があったことが書かれています。

「チャッターリングの誕生」

"Birth of the Chatter Ring"

1995年にニュージーランドでチャッターリングが生まれました。まずMurray potts・マーレイ ポッツが書いた「チャッターリングの歴史」の日本語訳を掲載します。マーレイのリングの歴史にはFascinations社が販売していたCHATTERRINGからどうやって現在のスポーツタイプリングのCHATTER RINGへと発展していったか等が書かれています。

-------------------------------------------------------------

参考資料:ニュージーランド出身で当時台湾在住のMurray potts氏がhttp://www.potts.co.nzにて1999年9月頃に書いた

「チャッターリングの歴史」

 (原文保存ホームページデータのキャプチャー画像へ)

チャッターリング(ジターリングとも呼ばれている)の歴史

著:Murray Potts・マーレイ ポッツ-世界で最も有名なチャッターリング、オリジナルの一番売れた”ロンリードッグ”のワンダーリングそして”バンダイ"のジターリングのデザイナー

 ここに、少しの歴史の教えを書いてることにしよう。この素晴らしいおもちゃがどこから来てどこへ行くのかについて、、、

 私達のリングの歴史はそれ自身と同様に驚くべき物だ!

 日本で信じられているのとは逆に、ジターリングとはハワイでデザインされた物ではない。ジターリング(もしくはチャッターリング(それは最初に呼ばれた物))は数年かけてめぐり回った古いおもちゃから派生したものだ。古い玩具の一種がまだ残っている-それは(「Gyro Ring/ジャイロリング」と呼ばれていてそれはシアトルの会社Fascinations Toys & Gifts社により販売されている。彼らは1980年代後半にメキシコで売られていたよく似た商品を模倣した。そのメキシコの製品は1970年代にイタリア・ミラノのMr. Palumbo(死去)のPartoys社で作られた製品をコピーした物だ。私はそれを彼が”発明”とは思わない、なぜなら私は実際にオーストラリアの著作権の記録にいくつか1968年のデザイン画に見つけたからだ。

 上記の全てのリングはとても低い興味を得た、しかし商業的に彼らは失敗した。話をFascinationsに戻します。彼らは1990年代の初頭に「Gyro Ring」を在庫処分することを決めた。それは彼らにより中国のQualidux工業(リンク)と呼ばれる会社で製造された。Qualidux工場の過剰な在庫商品は主にジャンクセールで処分された。数千の物はオーストラリアのIndependent Studious Ltdと言う卸売り会社によって購入され、”教育”玩具としてオーストラリアとニュージーランドの各地へ卸された。

 12本のGyro Ring(それらは実際に"Chatter Rings"のラベルだった)がニュージーランドの小さな町(Hasting.・へースティング)の小さな店に来た。その店の名前はApple Activities Ltd.。彼らはそれを上手く売ることが出来なかった、基本の動作以外出来なかったから。リングは巨大で、ビーズも巨大だった、そして(私たちの今日の基準では)それは大きく、遅く、そしてダンプだ。

 しかしながら、、、、売られた一つのリングがその持ち主の家の火災により奇跡的な変化をした。火事の後子供達は彼らの寝室の焼け跡で何か焼け残っているものがないかと探した。そして彼らはリングを見つけた。それは火事により大きなビーズのプラスチックが焼け落ち、大きなステンレスのメインリング残った小さなステンレスの物が通された物だった。彼らはビーズを幸運にも回した、そしてビーズはビュンビュンと回った。うわー!クールだ、彼らは理解した。

 彼らはそれを学校へ持っていき遊びまわった。まもなく友達達はApple Activities店へ舞い戻り数点のまだ残っていた物を買い、プラスチックを取り除いた、そして熱狂が生まれた。しかし問題は彼らがもうこれ以上買えなくなったことだ、なぜなら国中のリングが無くなってしまったからだ、その時Apple Activitiesの??バーバラはアーストラリアヘより注文したが彼女が言うにはそれらは売れ切れでもうこれ以上入手出来なかった。(補足:Fascinationsは1997年にGyro Ringの発売を再開した、しかしながら売れず、悲しくも、1997年から、彼らもまた私のWonder Ringを正確にコピーして販売を開始した。しかし、運がそれを持っているだろう...。.こ彼らの研究不足によりこのGyro Ring Proは貧弱な偽物でかなりの失敗作だ )

 少年達は何をしたのか? 彼らは自分たちで作りはじめた、しばしば父親の手助けを受けながら。デザインは素早く改良されそれは大きな鉄の輪に六角形の真鍮のナットが通った物だった。シンプル。それらは全く初歩的だった。しかしながら技術はまだ十分に開発されていなかった。彼らはよりプレイし、よりチューンされやがてそれらは早くなった、そして動作はより複雑に、少年達はこれらの自家製のおもちゃを主にchatter rings・チャッターリングと呼んだなぜならそれらが雑音を発するから。(訳者:Chattering・チャッタリングでおしゃべり・口うるさいと言う意味が有ります。同じくWondering・ワンダリングで驚くとか不思議に思うと言う意味です。Jitteringは振動しているです。現在進行形のingとリングのRingをかけたダジャレ言葉になっています。)

 私の登場、、、、そのころ私は小さな田舎の村Nuhaka・ヌハカ(人口約500人)キーウィフルーツ農場のマネージングをしていた。1996年の3月、キーウィフルーツの収穫が終わり私たちは全ての労働者とその家族達とでバーベキューパーティーを行った。私はテーブルに座りビールを飲んだり話していたりしていると、、、すると「ガラガラ-シャンシャン-ガラカラ」と言う音が私の後ろから聞こえてきた。振り返って辺りをみると一人の少年(Trae Rory・タラエ ローレイ、ジェレミー”リングウォーリアー”ローレイのいとこ)が10人くらいの少年達に”ブーメラン”のやり方を説明しているのが見えた。わたしは驚き、彼に何をやっていたのかと聞いた。「チャッターリングだよ」とタラエが答えた。どこで手に入れたのだと聞くと「学校で自分で作った」と答えた。わお!これは今まで長い間見た物の中で最も不可思議なものだった。

 翌日、私は自分たちの作業場で10本のリングを作った。私は旋盤で真鍮の棒から”ビーズ”を作った。そしてそれらを直径8分の1インチ(3.2ミリ)の鉄の棒を私が円形に曲げて溶接した鉄の輪にとりつけた。私はそれまでに鉄を曲げた経験が無かった。出来あがった物はすべて少しずつ大きさが違った物になった。私は一つを私の物とし、少年達を見つけるため村を車で周り残りの9つのリングを少年達にあげた。すると少年達は完全に狂喜した。私は暴動が始まったのかと思った。その後事が落ち着いたあと私は年上の少年達が全てのリングの大きさを比較していることに気がついた。そして彼ら自身で小さめなリングが取り合いになった。私はなぜかれらが小さめなやつを求めるのか?と聞くと、、、「それが早いからだ!」と言う返事が返ってきた。ああ!経験者の声、それは私にとって初めて本当にペニーが落ちる瞬間だった(訳者注:ペニーとは1ペニーコインの事で自動販売機の詰まったコインが落ちること。合点がいくという意味)。私はこの製品を私の想像以上により良いものに作れた。私は誰もこれらを商業的につくっていないことを知っていた。そしてその熱狂は小さな国の小さな地方の小さな地域で限定された事だった。

 私はその週に50以上のリングを作り、それをほしがっている子供達にをれをあげた(それは全員だった)。そして数組の両親にも!私たちは子供達に「練習しろ、私はこれが大きな物になると思う、私はデモンストレーター達が必要になるだろう。」と言った。正直言って彼らは私が狂ったと思っていた。

 私はその週全く寝てないと思う。私はテストで100個の物を作った、ビーズの形、リングのサイズや金属の種類を変えて。私は"Wonder Ring"と言う名前を思いついて、自分の最初のパンフレットを書いた。週の終わりの事だった。私は最終的な"Wonder Ring" のデザインを決めた。私はウェリングトンで結婚式のビデオの制作業をしている友人に電話をかけ、こっちに来て私に会ってくれるかとたずねた。次の週末に彼は来るまで8時間かけて来た。私は4人のベストプレイヤーをこの村から見つけだし、彼らに私の家の周りに来てくれるよう頼んだ(彼らはまさに青少年達で確実に子供では無かった。年齢は15-17であった)。そして私たちは販売促進用のビデオを作った。

 最初の出来事は月曜日の朝だった、私は車を運転してAuckland・オークランド10時間かけて)へ行った。二人の少年と私とで、タラエともう一人"Count・カウント"と。私たちはホテルに泊まり、翌朝私は周りのいくつかの鉄工所を回り、私が数日の間で職業的に100本のリングを作ることが出来る場所を見つけた。タラエとカウントに私は「練習、練習、練習」と言った。(彼らはまだ私が狂っていたと思っていた)。リングの制作が終わったとき私はニュージーランドで最も大きな小売業者The Warehouse 社の仕入れ担当屋に電話した。私は彼女に私はホットなおもちゃを持っている事と、彼女に見てもらえるよう話した。OK、彼女は言った、私たちの商談は来月の27日(か他の日)でどう?と。来月!!「だめだ、あなたは解っていないよ、私はあなたに今日会わなくてはいけないんだ。」と私は言った。最初に彼女はそれは無理だと言った、しかしまもなく態度は軟化した、もし彼女が彼女の昼食の10分間を私に与えたら、それで十分か?と彼女は最後にたずねた。よし、私はそれで大丈夫だろうと答えた。

 そうして私たち私とタラエ(彼は一番のプレイヤーだった)は行った。女性の名前はJanet Duggan・ジャネットだった、私は「まず、これを見てくれ」と言った、タラエに開始の合図を送った「チャッター-クラッター-スウィッシュ-ラトー-スヲッシュ」。OK、そして私達の作ったビデオも、これを見ていただけませんか?彼女はそれをセットし、私達はのビデオを見始めた。まもなく彼女はそれを見るように他の人々を呼び、彼らはそれを3回見た。それからジャネットが、OK 話しましょう。と言った。

 10分の話し合いのはずが最終的には約2時間になっていた。彼女は私に300個の注文をくれた。そして30のお店に10個づつ置いてみるわ、と言った。「やったーーーー!」ビジネスになった!

その日の夜、彼女は私のホテルに電話して来た、彼女が回りの店に聞いたら、一つの店(Whakatane・ファカタニ)の一人のマネージャーが多くの子供達にリングについて問い合わせがあったと話した。彼は卸で300個の注文を最初に求めた、私は超特急で作り上げ支店へ持っていった。彼らはそれらを受け取った時、マネージャーは二つのラジオに"スポット広告"をだした。リングは一日で売れ切れた!!

 ジャネットは私に電話してきてそして私にホテルのFAX機器についてたずねた。私は彼女に番号を教えた、すると彼女はFAXのそばにいてくれと言った。その夜私は1760の注文を受け、次の日には3000、週が終わる前には注文は6000を超えていた。もうだれも私が狂ったとは思わなかった!

 いずれにしても1996年の4月から10月の間にウェアハウスは14万本以上のリングを売った。そしてそれはおもちゃではその年の最高の売上げだった。

1996年9月頃に私はSolomon "The Enforcer" Fraserソロモン”ジ インフォーサー”フレイザー(ニュージーランド人ハワイ在住)に会った。しかし帰省で訪れていた。彼は私の製品をハワイで売ってみたかった。そしてそれを彼は行った。彼は家に戻って、アイランドエッジ社をスタートさせ200本(最初の注文)を輸入した。ジターリングとして。それには数ヶ月かかったがしかしまもなくハワイでは本当に上手くいった。そしてアイランドエッジは私のリングを20フィートコンテナ(長さ20ft(6.058m)×幅8ft(2.438m)×高さ8'6"(2.59m))分購入した。

チャッター・ジター・ワンダーリングによる初期と継続的な成功のための信用は、アイランドエッジ社のソロモン”ジインフォーサー”フレーザーとジェイソン” マジッック”ラバゴの先見の明と素晴らしいマーケティングの努力によるものです。信じられないほどのサポートト、献身、信頼、忍耐力、ひらめき、そしてニッキー”スパイス”デービッツとジェレミー”リングウォーリアー”ローレイとの交友、みんなに感謝する!

 1997年ハワイのヨーヨーとスキルトイのマーケティング会社、HPK Marketing LLCはリングをハワイで見てそれをバンダイ社に紹介した。同様にジターリングを日本に進出させたがった。私はマーケティング社と協定契約にサインし、バンダイに製品と著作権について許可した。その1998年バンダイは五十万本以上の私の製品をバンダイの包装で出荷された。けれどもバンダイとのビジネスはまもなく終える事となる。私は確かに日本でのジターリングの販売促進で彼らが行った良い仕事を高く評価する。彼らの製品のサポートはリングにより大きな認知を与えた、日本だけではない、世界中に。

それはまだ始まったばかりだ、、、

日本語訳:田窪達也

----------------------------------------------------------------------------


このチャッターリングの歴史が書かれた1999年当時マーレイはhttp://jittermax.homepage.com/というサイトでjittermaxブランドのリングを売り出そうとしていました。サイトは掲示板等も作られ多数の情報とともにマーレイ氏主導で運営されていました。2001年にはアイランドエッジ社からジターリングのブランド名もタイアップされJittermaxのJitter Ringという商品が作られイスラエルへ輸出されました。

その後まもなくマーレイは台湾からニュージーランドへ帰国し、製造は途絶え。その後ハワイアイランドエッジ社も2001年に人知れず活動を停止しました。

マーレイの「チャッターリングの歴史」の中に書かれている火事で焼けたリングはApple Activities Ltd.で販売されたと書かれています。同店のホームページがあり。その中のお店の紹介文には、Apple Activities はDi Charlton(1995年にニュージーランドで流行した”チャッターリング"を(made)作った)によって開店された。と訳す事が出来る文章があります。実際にチャッターリングを作ったのでしょうか。とにかくこの店からチャッターリングの流行が始まったことが分かります。同サイトにはチャッターリングをプレイしている女性の写真があり。この女性がDi Charlton氏です。

Apple Activities Ltd.

http://www.educationalexperience.co.nz/appleactivities/

Apple Activities was set up by Di Charlton (who made "chattering" so famous throughout NZ in 1995)

リングが家事で燃えた話は伝説です。ストーリーには亜種が見られます。ハワイの新アイランドエッジマウイのサイトではマーレイ自身がキャンプの焚き火にジャイロリングが落としたでたらめな話になっています。証拠も残っていませんのでこの話はニュージーランドで生まれた伝説です。誰かの創作なのかもしれません。

筆者が実際にジャイロリングのビーズからプラスチックを取り除いてみましたが、鋳物ビーズのため表面は荒れていて、幅も広いためにビーズが共回りしてブレーキがかかり、回転は逆に遅くなりました。プラスチックがなくなると良くなったと思ったのは勘違いなのですが、心理的に良くなったのだろうと錯覚したのだと思われます。いずれにしてもこのビーズの取れたジャイロリングをコピーしたリングが最初のChatter Ring/チャッターリングになります。

1995年から1996年にかけてFascinations社のCHATTERRINGから自家製のChatter Ringが生まれましたが、最初に誰が作ったのか、誰が最初に商業的に作り出したのかがわからなくなっています。マーレイはWonder Ringが最初商業的の全金属製Chatter Ringを作ったと書いていますがApple Activitiesのサイトでは1995年と書かれています。またチャッターリングのTシャツに1995年のプリント

地理的にはApple ActivitiesがあったHasting.・へースティングはニュージーランドの北島の中ほどにあります。1996年3月にマーレイがチャッターリングと出会ったNuhaka・ヌハカはへースティングから北東に約100kmほどです。ウェアハウスの支店があったWhakatane・ファカタニはへースティングから北に約200kmほどです。Apple Activitiesから1995年にチャッターリングの流行が生まれ、円状に流行が広がっていったのだと思われます。

マーレイの「チャッターリングの歴史」の中に書かれている火事で焼けたリングはFASCINATIONS社のCHATTERRINGです。この製品はリングの継ぎ目以外は2010年現在のGYRO RINGと同じものです。この商品がいつニュージーランドに上陸されたかわかりませんがアメリカの商標情報によると

http://tarr.uspto.gov/servlet/tarr?regser=serial&entry=74133055

Word Mark: CHATTERRING
Status/
Status Date: CANCELLED - SECTION 8
1/11/1999
Serial Number: 74133055
Filing Date: 1/24/1991
Registration Number: 1699892
Registration Date: 7/7/1992
Goods and Services: spinning rings toy
Mark Description: NOT AVAILABLE
Type Of Mark: TradeMark
Published For Opposition Date: 10/1/1991
Latest Owner: Fascinations Toys & Gifts, Inc.
Suite B3
Seattle , 98108

FASCINATIONS CHATTERRING (JCRA:所蔵)

で出願日は 1/24/1991で失効は1/11/1999となっています。パッケージの商品名はCHATTERRING(TM)とでCHATTERとRINGの単語はくっついていて離れていません。ビーズの事はGYRO WARKERS(TM)と名づけられています。昔のチャッターリングのパッケージの裏面の右下には小さなシールでMADE IN CHINAと書かれています。さらにこのシール下にはMade in Mexicoと印刷されているのが透けて見えます。最初はメキシコ産があり、その後マーレイの書いたとおり中国産の物へ変わったのだと思われます。JCRA所蔵の物は日本の輸入代理店が輸入販売していたもので、その日本語シールが貼られていました。200?年にヤフーオークションにて入手したものです。

http://tarr.uspto.gov/servlet/tarr?regser=serial&entry=73739632

Word Mark: GYRO-WALKERS
Status/
Status Date: CANCELLED - SECTION 8
10/2/1995
Serial Number: 73739632
Filing Date: 7/13/1988
Registration Number: 1532182
Registration Date: 3/28/1989
Goods and Services: SPINNING COMPONENTS OF A HAND-HELD TOY
Mark Description: NOT AVAILABLE
Type Of Mark: TradeMark
Published For Opposition Date: 1/3/1989
Latest Owner: PIOLATA, THOMAS P.

そしてこのGYRO-WALKERSの商標データによると出願日は7/13/1988です。この権利者はFascinacionsではなくPIOLATA, THOMAS P.となっていて個人名となっています。このPIOLATA, THOMAS P.の他の商標データを見てみると。

http://tarr.uspto.gov/servlet/tarr?regser=serial&entry=73696706

Word Mark: ZARINGO
Status/
Status Date: CANCELLED - SECTION 8
4/8/1996
Serial Number: 73696706
Filing Date: 11/18/1987
Registration Number: 1559121
Registration Date: 10/3/1989
Goods and Services: AMUSEMENT DEVICES HAVING ONE OR MORE SPINNING ELEMENTS MOUNTED FOR ROTATION ON A LARGER SUBSTANTIALLY CIRCULAR RING
Mark Description: NOT AVAILABLE
Type Of Mark: TradeMark
Published For Opposition Date: 7/11/1989
Latest Owner: PIOLATA, THOMAS P.
COLUMBUS , 43220

ZARINGOという商標も所持していたことがわかります。出願日は11/18/1987となっています。ZARINGOの商標の画像には最後のOの文字が大きくなっていて、Oの文字にビーズが5つ通っていてリングの形になっています。このPIOLATA, THOMAS P.とFascinations社との間で何らかの関係があったと思われます。

マーレイのチャッターリングの歴史で書かれているマーレイのワンダーリングより前にあった6角ビーズリングに近いチャッターリングを,ニュージーランドのオークションサイトhttp://www.trademe.co.nz/より、2010年8月に入手しました。(JCRA所蔵:チャッターリング)。購入してもらった輸入代理店経由で製造出品者に何年に製造されたかを質問してもらいました。その回答「約10年前の製造でそれらの最後の物でした」"Chatter rings manufactured about 10 years ago and these are last of that production"(Seller answer:2010 August)との回答を得ました。この6角ビーズの大きめなリングはニュージーランドの人がyoutubeにアップしたリングプレイ動画に見られますのでかなりの数のこのリングが出回っていたのだと思われます。この6角ビーズは6角のナットを再加工したか、最初からこの形の製品があったのだと思います。

マーレイが1996年当時販売していたワンダーリングの説明書には、THE MOST FAMOUS CHATTER RING IN THE WORLD(世界で最も有名なチャッターリング)と書かれています。どうやらCHATTERRINGが人々の中で巡ってゆくなかでCHATTER RINGへと変化しそれが一般名称化されていたことが分かります。

http://tarr.uspto.gov/servlet/tarr?regser=serial&entry=75176817

Word Mark: CHATTER RING
Status/
Status Date: ABANDONED-FAILURE TO RESPOND OR LATE RESPONSE
1/17/1999
Serial Number: 75176817
Filing Date: 10/4/1996
Registration Number: NOT AVAILABLE
Registration Date: NOT AVAILABLE
Goods and Services: toy, namely, a ring threaded through one or more other rings
Mark Description: NOT AVAILABLE
Type Of Mark: TradeMark
Published For Opposition Date: N/A
Latest Owner: MUIR, LEITH
12 WARRAWONG STREET
SYDNEY ,

アメリカの商標を調べますとCHATTER RINGがオーストラリアの人によって商標登録されています。10/4/1996に出願されて1/17/1999に失われています。マーレイの文章では1996年の3月にリングと出会い、その時すでに少年がCHATTER RINGと呼んでいたと書かれています。出願はそれ以後でそして失効されています。ニュージーランドとオーストライアでの商標について〜<調査必要>

その他の主要なリングの商標について

http://tarr.uspto.gov/servlet/tarr?regser=serial&entry=77693312

Word Mark: JITTER RING
Status/
Status Date: ABANDONED-FAILURE TO RESPOND OR LATE RESPONSE
1/11/2010
Serial Number: 77693312
Filing Date: 3/17/2009
Registration Number: NOT AVAILABLE
Registration Date: NOT AVAILABLE
Goods and Services: Action skill games; Manipulative games
Mark Description: NOT AVAILABLE
Type Of Mark: TradeMark
Published For Opposition Date: N/A
Latest Owner: Rabago, Jason K.K.
590 Farrington Hwy #524-184
Kapolei, HI 96707

http://tarr.uspto.gov/servlet/tarr?regser=serial&entry=75266123

Word Mark: GYRO-RING
Status/
Status Date: CANCELLED - SECTION 8
7/16/2005
Serial Number: 75266123
Filing Date: 3/28/1997
Registration Number: 2196617
Registration Date: 10/13/1998
Goods and Services: spinning rings toy
Mark Description: NOT AVAILABLE
Type Of Mark: TradeMark
Published For Opposition Date: 1/13/1998
Latest Owner: Fascinations Toys & Gifts, Inc.
Suite B3
Seattle , 98108
COLUMBUS , 43220

http://tarr.uspto.gov/servlet/tarr?regser=serial&entry=75616233

http://tarr.uspto.gov/servlet/tarr?regser=serial&entry=75612620

http://tarr.uspto.gov/servlet/tarr?regser=serial&entry=77755821

「ニュージーランドでの大流行」

"Craze in New Zealand"

マーレイの「チャッターリングの歴史」の通り。ニュージーランドでは1990年代中頃から後半かけて小学生から中高校生を中心に子供たちの間でチャッターリングが大流行しました。自家製も含め、いく人かの生産者の手により数多くのリングが生み出されました。そしてそれらの商品化された数種類は海外へ輸出されました。

ニュージーランドの人口と販売数についてマーレイの文章では「1996年の4月から10月の間にウェアハウスは14万本以上のリングを売った。」と書かれています。googleのデーターによると1996年のニュージーランドの人口は3,732千人となっています。1995年では3,673.4千万人です。

国連のデーターによるとhttp://esa.un.org/unpp/ ニュージーランドでの1995年の5-14歳の人数は55.3万人で同年の15-24歳の人数は55.4万人です。より細かなデーターが欲しいですが見つからないので、ざっと計算すると、5-24歳の人数は110.7万人で、5-24歳の20学年で割ると1学年辺り55,350人になります。日本での小学校1年から中学3年生まで考えてみると9学年分で498,150人で約50万人と推定できます。マーレイのリングは4月から10月の6ヶ月間だけで14万本、この数字は販売数ではなく出荷数だとして、自家製リングや他社のリングが多数あった事を考えてみると。ものすごい割合でチャッターリングが広まっていたことが分かります。

マーレイのLONELY DOGによるパフォーマンスチームTEAM LONELY DOGが組織されました。Jeremy Rore(ニュージーランド)とNicky Davids(オーストラリア)が在籍していました。両者はワンダーリングの販売にも関係していました。LONELY DOGの合言葉は"Everything is possible!"でした。

「1996年〜ハワイでの流行」

"1996 Craze in Hawaii"

マーレイの「チャッターリングの歴史」によると1996年9月以降にSolomon Frazer・ソロモンフレイザーによりマーレイのワンダーリングがハワイへと持ち込まれました。ISLAND EDGE INC.アイランドエッジ社JITTER RINGと名づけられ、ソロモンとJason Rabago・ジェイソンラバゴにより販売が開始されました。初期の様子がうかがえる資料としてはアイランドエッジ社が販売していたHow to Videoがあります。このビデオの中には初期のアイランドエッジ社の活動が記録されています。ゴールドメッキビーズとシルバーメッキビーズのリングが使われ、ソロモン、ジェイソンを含む成人男性4人とマウイ島、オアフ島のカイリーソロモンを含む多数の少年少女たちが登場しジターリングをプレイしています(未確認情報:Nolan"Flying Samoan"FraserとIan"Candy Man" Quirkと思われる少年も登場している)。上手な少年プレイヤーは1ヶ月から2ヶ月はプレイしたと思われる技術レベルで。成人プレイヤーは数ヶ月はプレイしたと思われます。プレイヤーの中でもジェイソンのスキルは特に高く、ジェイソンが中心プレイヤーとして現在の初級、中級トリックの多くがすでにプレイされています。プレイされているトリックもプレイヤーも発展途上だったようで、UFOは未完成、オーバーザトップは1回のみ、ブーメランは行われていません。ジターリングのロゴマークやあのジターリングを持った少年JITTER BOYのマークは既に登場して白Tシャツや横断幕にプリントされています。あのジターリングの黄色のパッケージ商品は登場していません。プレイしている後ろには砂浜でビキニ姿の女性や海で泳いでいる人たちが映っていて、ビデオ撮影時は冬季ではなかったと思われます。ビデオはリングの技術的レベルから見て仕入れてまもなく撮影されたものだと思います。

そしてアイランドエッジ社はハワイのHPK Marketing, LLC社と出会うことになります。ハワイのAlan Nagao率いるHPKマーケティング社はヨーヨーのマーケティング行っていて、世界的にヨーヨーブームを巻き起こしていました。HPKマーケティング社はジターリングのマーケティング活動を行うことになります。いつからマーケティングがはじまったのかは資料が無いのでわかりません。

http://archives.starbulletin.com/97/05/20/features/stuffs.html

What’s new, trendy or just plain cool
Tuesday, May 20, 1997

By Dennis Oda, Star-Bulletin
The key to playing with the Gyro-Ring is
to keep the colorful discs in motion.

Gyro-Rings just
keep on spinningJust what are those kids doing? You've seen them on the street, in the supermarket, a friend's home, maybe even your own kid is doing it.

"It" is a clanging Gyro-Ring. More than 1 million sold last year in New Zealand and Australia; 12,000 sold on Maui alone.

Each 91/2-to 11-inch metal ring holds five smaller discs. Once you strike up the smaller discs, then begin turning the ring slowly toward you, the discs perform like gyroscopic tops, spinning around the large ring at up to 1,000 rpms.

The challenge is to keep all the discs spinning while performing tricks.

The colorful beginner model is the Gyro-Ring, $13.95. But there are competition models as well: the Chatter-Ring, Turbo-Ring, the rare Zinger-Ring, $19.95, and Pro-Ring, $21.95. The Pro-Ring comes in a variety of colors: gold, silver, copper, blue and black.

http://www.google.com/publicdata?ds=wb-wdi&met=sp_pop_totl&idim=country#met=sp_pop_totl&idim=country:NZL:AUS

ハイ・パフォーマンス・カイト HIGH PERFORMANCE KITESの資料

http://yoyowiki.org/wiki/HPK_Marketing

http://web.archive.org/web/20021120233911/http://hpkmarketing.com/

http://www.bizjournals.com/pacific/stories/1998/11/30/smallb1.html

HPKマーケティング社によってヨーヨーのパフォーマンスチームTHP/Team High Performanceが組織され世界中でマーケティング活動が行われていました。同様にジターリングのパフォーマンスチームTJR/Team Jitter Ringが組織され、残っている資料では1998年には10人で構成されていて、各国に行きマーケティング活動が行われていました。

オーストラリアのNicky Morgan・ニッキーモーガンのサイトによるとニッキーは1998年の2月より1999年の3月までHPKマーケティング社のジターリングのマーケティング活動に参加していたと書かれています。同氏はTJRのNicky "Spice" Davidsだと思われます。

http://au.linkedin.com/pub/nicky-morgan/4/398/86a

Nicky Morgan

Business Development Manager And Director

Sydney Area, Australia

Nicky Morgan’s Experience

Sales and Marketing
HPK Marketing - Hawaii

(Partnership; 51-200 employees; Marketing and Advertising industry)

February 1998 ― March 1999 (1 year 2 months)

To assist in the Sales and Marketing of a Children's Active toy called the Jitter ring in Japan and Hawaii.
Travelling to and staying in these countries for 13 months. Assisting Bandai Japan with their marketing of the particular Children's active toy. Working side by side with other active toys, like yo yos and diablos.

TJRメンバー

Andy"Monster"Kim アンディ"モンスター"キム

Eric "Viper" Batangan エリック"ヴァイパー"バタンガン

Ian "Candy Man" Quirk イアン "キャンディーマン"クワーク

Jason "Magic" Rabago ジェイソン"マジック"ラバゴ

Jeffrey "Maui Boy" Nordstrom ジェフリー"マウイ・ボーイ"ノードストーム

Jeremy "Ring Warrior" Rore ジェレミー"リング・ウォーリアー"ロ-レ

Kylie "Actual Speed" Solomon カイリー"アクチュアル・スピード"ソロモン

Nicky "Spice" Davids ニッキー"スパイス"デービッツ

Nolan"Flying Samoan"Fraser ノーラン"フライング・サモーン"フレイザー

Solomon " The Enforcer" Fraser ソロモン"ジ・インフォーサー"フレイザー

ノーランはソロモンの息子で、ニッキーはオーストリア在住でリングの販売にかかわっていました。ジェレミーはニュージーランド在住。ニッキーとジェレミー以外はハワイ在住。ジェフリー以外の来日は確認できています。TJRの合言葉も"Everything is possible!"でした。

http://archives.starbulletin.com/97/05/20/features/stuffs.html

Stuffs
What’s new, trendy or just plain cool
Tuesday, May 20, 1997

By Dennis Oda, Star-Bulletin
The key to playing with the Gyro-Ring is
to keep the colorful discs in motion.

Gyro-Rings just
keep on spinning
Just what are those kids doing? You've seen them on the street, in the supermarket, a friend's home, maybe even your own kid is doing it.

"It" is a clanging Gyro-Ring. More than 1 million sold last year in New Zealand and Australia; 12,000 sold on Maui alone.

Each 91/2-to 11-inch metal ring holds five smaller discs. Once you strike up the smaller discs, then begin turning the ring slowly toward you, the discs perform like gyroscopic tops, spinning around the large ring at up to 1,000 rpms.

The challenge is to keep all the discs spinning while performing tricks.

The colorful beginner model is the Gyro-Ring, $13.95. But there are competition models as well: the Chatter-Ring, Turbo-Ring, the rare Zinger-Ring, $19.95, and Pro-Ring, $21.95. The Pro-Ring comes in a variety of colors: gold, silver, copper, blue and black.

Here's how you do it: Hold the metal ring in either hand. Using the other hand with palm open, strike the discs with a sharp upward or downward movement to get them spinning. Then quickly use both hands to smoothly rotate the large metal ring toward you. The discs should continue to spin as long as you rotate the large ring.

Special Gyro-Ring maneuvers include Roller Coaster, Climb the Ladder and Over the Falls.

Gyro-Rings are distributed in Hawaii by SMP Enterprises Inc., 487-1129. They are available at Kite Fantasy, Liberty House, Ben Franklin Crafts, Wonder Joy Toys at Aloha Marketplace, the Hobby Company and other stores.

By Tim Ryan, Star-Bulletin

Send WatDat? questions, stories
or any other story ideas or comments to:
Features, Honolulu Star-Bulletin, P.O. Box 3080,
Honolulu, HI 96802 or send a fax to 523-8509

「日本への上陸-小さな流行」

"Landing in Japan-Tiny craze in Japan"

私達の日本へ最初にアイランドエッジジターリングを輸入したのは株式会社JRS社とされています。同社サイトの沿革によると1997年の4月〜12月の間にジターリングの販売がはじまったと書かれています。

株式会社JRS ホームページ 沿革より抜粋

http://www.jrs-net.co.jp/history.html

1997年 2月
3月
4月 AHDスイス日本販売元
自社オリジナルブランド『アクティブウィンズ』の立ち上げ
GO-PED(エンジン付きキックボード)販売代理店
ジターリング(トリックえお楽しむ鉄製リング状のアクティブトイ)販売
ディアブロ(中国ゴマ)販売
パチカ(マラカスのようにリズムを刻む)販売

BANDAI・バンダイ社は1997年にHPKマーケティング社と日本でハイパーヨーヨーを展開し、ヨーヨーを大流行させていました。そしてHPKマーケティング社とジターアイランドエッジ社とマーレイとバンダイ社の契約によによりバンダイジターリングが生産され1998年6月17日に発売されました。日本でジターリングがコロコロ誌と共に広く展開され普及されることになります。TJR・チームジターリングによるデモンストレーションが日本各地の店頭で行われました。そしてバンダイ主催による全国的な大会・イベントが行われていました。

バンダイジターリングはハイパーヨーヨーの次なるアイテムとして発売され。子供達や大人達の間で広く受け入れられましたが、大きな流行とはならず短期で極小規模な流行にとどまり大量に売れ残った在庫品はセールされ商業的にも不発でした。

小学館の小学生向け雑誌「コロコロ」には毎月ジターリングの特集記事が掲載され、バンダイ社によりハイパーヨーヨーと同様に日本全国にある認定店でトリックの認定制度が行われました。認定試験を合格すると景品がもらえ、最終試験の大会やイベントでのフリー演技に合格するとハイパーヨーヨーのTHPJと同様に、TJRJ・チームジターリングジャパンになれるシステムでした。その後バンダイ社はディアボロ、フィンガーボード、縄跳びを商品展開していきます。

2000年9月24日の大会を最後にバンダイ主催の大会は無くなり。飽和した一連のスキルトイブームは終わることになり。おもちゃの主力は遊戯王等のカードゲーム時代へ移っていきました。

その後日本のリング界は長い闇の時代へと入ることになりました。リングプレイヤー同士の連携も活動も先細りになり多くのリングプレイヤーはプレイすることをやめました。

<当時の日本国内の資料等>

バンダイ社カタログ誌Check it Out!1998年3月18日発行によると1998年1月10日と11日に幕張メッセにて開催された次世代ワールドホビーフェアのバンダイブースの一角でジェイソンがジターリングのデモンストレーションしている写真が掲載されています。当日は販売もされていて3000円(税抜き)でした。

アイランドエッジジターリングはキディランド梅田店では1998年5月頃に3800円(税抜き)ほどで販売されていました。

バンダイジターリング発売以前。ファッションアイテムとしても注目されたジターリングはストリート系ファッションの人々に受け入れられていました。

日本国内の「ジターリング」(日本語カタカナ)の商標権はバンダイ社が持っています

http://www1.ipdl.inpit.go.jp/syutsugan/TM_SEARCH_A.cgi


(111) 【登録番号】 第4296610号
(151) 【登録日】 平成11年(1999)7月16日
(450) 【登録公報発行日】 平成11年(1999)9月16日
(210) 【出願番号】 商願平10−26057
(220) 【出願日】 平成10年(1998)3月27日
    【先願権発生日】 平成10年(1998)3月27日
    【更新申請日】 平成21年(2009)6月24日
(156) 【更新登録日】 平成21年(2009)6月30日
(180) 【存続期間満了日】 平成31年(2019)7月16日
    【分納満了日】 平成26年(2014)7月16日
(541) 【標準文字商標】 ジターリング
(561) 【称呼】 ジターリング
(732) 【権利者】 【氏名又は名称】 株式会社バンダイ

TJRJ・チームジターリングジャパンメンバー(No.は登録順)

安達 泰世誠/アダチ ヤスヨシ/大阪/No.003

安藤 雄介/アンドウ ユウスケ/神奈川/No.009

北野 喜代志/キタノ キヨシ/福岡/No.008

後藤 健介/ゴトウ ケンスケ/愛知/No.004

重田 浩之/シゲタ ヒロユキ/大阪/No.001

鈴木 啓太/スズキ ケイタ/愛知/No.010

園田 裕介/ソノダ ユウスケ/滋賀/No.011

高木 登美雄/タカギ トミオ/山梨/No.005

田渕 将也/タブチ マサヤ/大阪/No.002

三浦 由紀浩ミウラ ユキヒロ/神奈川/No.006

宮奥 謙馬ミヤオク ケンマ/東京/No.012

宮沢 雄太 ミヤザワ ユウタ/東京/No.007

バンダイジターリングの発売日は1998年6月17日です。定価2500円(税抜き)消費税5%でした。
雑誌DIME1998年7月2日号の12ページに6月17日発売と書かれています。またコロコロでは同6月中旬か下旬と書かれています。

1998年初頭のデモンストレーションにはソロモン、ジェイソン、とマーレイが来日していていました。

1998年バンダイジターリングの発売前にはTAKARA・タカラ社の系列のGalson・ギャルソン社からジャイロリングとジャイロリングプロが販売されていました。その他に玩具系問屋からSPEED RINGが流通され販売されましたがバンダイ社の圧倒的なマーケティング力により、ジターリング以外はニセモノ扱いされるほどでした。

当時バンダイ社のジターリング担当者だった川崎陽一氏が代表を務める株式会社プレイケアのホームページでは、ジターリングを70万個販売したとの記述があります。

http://playcare.sakura.ne.jp/2008/07/

博品館と商品開発 2008/07/30

プレイケアでは、株式会社博品館(東京都中央区)と世代間交流・シニア・高齢者も楽しめるオリジナル商品開発を実施。第一弾は、「螺旋」(らせん)で、シルバーリングについた5つのビーズを回しながら様々なトリックを行う商品を発売。98年にバンダイより「ジターリング」という名称で国内70万個販売した商品のリメイク版である。銀座、新宿都庁店、成田店でも販売している。
博品館

バンダイジターリングとバンダイジターリングシルバーの生産は初回の一度きりです。バンダイジターリングの生産数は他の証言から50万本と言われています(バンダイジターリングシルバーは含まず)。50万本と70万本と20万歩の差は不明です。

「流行の終わり」

"End of craze"

1996年から1999年にかけてワンダーリング、ジターリング、ジャイロリング、スピードリングを中心にチャッターリングは販売されるようになり、目新しかったこのスキルトイは各地で小規模な流行を起こしました。

販売促進活動を全く行わなかったジャイロリング・スピードリングと違い、比較的良質なリングを作り販売促進活動を精力的に行っていたワンダーリング・ジターリング・HPKの販売グループはそのブランド力により大きなシェアを広めつつありましたが、2001年頃に販売不振からか活動を休止します。これが流行の終わりの決定的なものとなりました。

良質なチャッターリングを得ることも出来ず。メーカーからのサポートも無く。プレイヤーとプレイヤー同士の活動も貧弱で次第に先細りとなり。まもなく失望感、孤独感、興味の喪失等の理由から増えつつあったプレイヤーは急激に減ることとなり、数年の内にほぼ全員がやめたと言っても過言ではありません。

ワンダーリング・ジターリンググループのチャッターリングはニュージーランド、オーストラリア、ドイツ、イギリス、ハワイ、アメリカ本土の一部、日本、シンガポールへ出荷されたそうです。

筆者はフランスかドイツにチャッターリングクラブのサイトがあったことを覚えています。

海外では米国の2010年に書かれたWikipedia:GYRO RINGの項(削除済)(リンクとhtml保存)によるとzinger ring, and zipper ringの単語が見られます。これら色々な名前のチャッターリングがあったようです。

世界各地で様々なチャッターリングが生産販売されていました。ドイツでは1998?にLUCKY DOG社のLUCKY RINGというリングがありました。

流行は1998年がピークでした。

「失われた10年」

"The lost decade"

2000年から2010年までは本格的なプレイヤーの数はゼロに等しく。ジターリングは流通在庫が、2004年にジャイロリングプロは再生産され、それとスピードリングも再生産され、それらの販売が細々と続けられていました。メーカーにも愛好者にも目立った活動はありません。

2001年にJittermaxジターリングが発売されましたが(2010年に知りました)、筆者はこの前後にメーカーに注文はしましたが、注文は無視されて日本に入ってくることはありませんでした。

2003年にマーレイのJittermaxのサイトが1年間復活していましたが、時すでに遅く、全く気づかれませんでした。すでにジターリングのメーカーはもう無くなってしまったと思われていたのです。この後ジターリングは姿を消すことになります。
http://web.archive.org/web/20030324052740/http://jittermax.com/

「復活の兆し」

"2010 Green shoot"




BACK TO HOME

inserted by FC2 system